クンニ専門店にゴー!(おクンニ学園池袋校②)

クンニ大好きシュウです。

前回は「クンニ専門店にゴー!(おクンニ学園池袋校①)」というタイトルで、この店の概要を紹介した。池袋セントラルホテルや今は無き伝説的な学園系M性感店「池袋DESSERT」のこと書きすぎて字数オーバーしちゃったんで、続きを今回書こう。

ちなみに、おクンニ学園池袋校の学園的なテイストは池袋DESSERTのコンセプトを受け継いでいるようにも感じる。もしかしてこの店はDESSERTの流れを汲んでいるんじゃないかな? もしそうだったらいいなー。

プレイの感じ

さて、ここいらで、おクンニ学園池袋校でのプレイについて書こう。

オレはこの店ではいつも60分コース12Kに、オプションのトップレス1Kをつけてる。池袋セントラルのルーム代3Kを合わせると総額16Kだ。

トップレスつけると乳首舐めも練習できるのがイイネ!

しかしながら、乳首舐め可否は女のコによるので注意が必要だ。どうやらこの店では、トップレスでも胸へのタッチは原則なし、ということらしい。

でも、料金システムのページを見ても、そんなことは書かれていない。プレイメニューに書いてないからNGということかもしれないが、あえてうがった見方をすると、そのあたりは女性にまかせてるのかもしれない。

こういうあいまいなところも、実はオレ、きらいじゃない。クンニで気持ち良くなってもらえると、乳首舐めも「してして~」って感じになるからね~。

前回も書いたけど、この店のプレイは女のコによって当たりはずれが大きい。もちろん当たりの方が多いけどね。

ちなみにハズしたときのプレイってのはどういうのかというと、「このコ、クンニ経験ほとんどなさそうだし、クンニが好きとも思えん。なんでこの店におるんやろ?はて?」と感じるときだ。

もしかするとクンニとは関係ない系列店に入店した女性が、おクンニ学園にもついでに所属してみた、ということかもしれんなー。そういう女性はいくら舐めてもイマイチ反応無かったりするわけだ。

普通なら、こういうときは「あちゃー!ハズシたー、ぐえーー」ってことになるんだろう。

でも、そこでめげてちゃダメだ。オレは、こういう時こそ燃える!

クンニ好き女性のオマンコ舐める方が楽しいに決まってるが、クンニに興味がない女性のオマンコ舐めるのは自分の成長につながる。

どこをどう舐めたらクンニで気持ち良くなってもらえるかをスッゴイ勢いで考えながら舐めるからねー。

オレはどんな女性が相手でもクンニの時は絶対に手を抜かないと決めてるんだー。ひとつひとつのクンニ体験が自分に与えられたチャンスと捉え、必ず何らかの気づきを得ようと思ってる。そう思って舐めていれば得られる学びが必ずある。(おっ、カッチョイイね、オレ)

だからお兄さん!

もしもプレイの際に、「げえーーっ!このオンナ舐めても吸っても全然反応ないじゃんかよー!うわーハズしたぜ、チキショーメーッ!!!」と感じたときは、落胆せずに一旦落ち着こう。

そして頭を切り替えて、「ヨシャーっ!これはオレのクンニ修行のチャンスだぁ」と捉えて、どうすれば相手が感じるかを必死こいて考えてみてはどうだろう。

そうやって何らかの気づきが得られれば、プレイ代として払った金も報われるわけだ。そう信じて頑張ってくれーい!

さて、ハズシた話ばっかり書いてるけど、実際は?と言えば、この店では当たりのプレイの方が多い。

いやもう!メッチャクチャ可愛い女のコのオマンコを存分に舐めてアヘアヘ言わせてスッゲー楽しいな~、みたいなプレイが多いんだわ、実際のところは。

前回も書いた通り「ドッヒャーっ!こんな可愛いコがなんでここに?」みたいな女性が、クンニ大好きだったりして、オレの舌で悶えまくるというプレイを何度も経験した。

そうやって楽しみながら、リーズナブル料金でクンニの実践トレーニングできるのがこの店のいいところだ。

このメリットは、多少の運営の不安定さなんぞ補って余りあるほどの価値がある。

おクンニ学園池袋校は、オレが愛してやまないクンニ専門店。ぜひとも長らく営業を続けてもらいたい。

オレのプレイ実績

さて、オレのクン活記録(エクセル)によれば、2018年6月から現在までの1年半で、オレはこの店を30回利用している。

かかった費用総額はルーム代を含め合計49万円。プレイ時間はトータル1890分(=32時間)。

つまり1回あたりの平均は63分で16,357円。ほとんどが60分コースだが、90分コース利用が3回あったので、平均60分を超えた。

プレイ相手の人数は22名。一人あたり平均1.36回プレイした計算だが、実際はうち18名が1回だけのプレイ。複数回プレイしたのはわずか4名だ。

ベスト3は、Sさん(退店)4回、AさんMさんがそれぞれ3回ずつ。この3人で10回と全体の3分の1を占める。

ちなみに30回の利用のうち、最初の1年間で25回訪問。やっぱハマってたんだね~。

でもまあ直近半年は5回ぐらいだ。最近はめっきりご無沙汰気味だね~。なにしろブログ読者女性とのクン活で忙しいからねー、ここんとこ。

遊び方

既に書いた通り、おクンニ学園池袋校の出勤状況は、当欠あり突然の出勤あり、というわけで、数日前から予約して遊ぶというスタイルはあまりなじまない。

よって出勤状況を常にチェックし、自分のお気に入りとか気になる女性の出勤予定がサイトに上がったら、間髪を入れずに電話予約し、その日のうちに店にいく、という機動的な対応が求められる。

お気に入り女性が出勤してるにもかかわらず見送ったりしてたら、次いつプレイできるのか?あるいは次のプレイ自体できるかどうかもわからないからねー。

この店でオレが1回こっきりのプレイに終わった女性は18名だが、そのうち4名はメチャメチャ良かったにもかかわらずリピートできなかった女性たちだ。こっちがのんびり構えてるうちに出勤しなくなっちゃったんだよなー。

だからリピートしたい女性の出勤情報を確認したら、直ちに決断し、ソッコーで予約を入れる機動力が必要だ。

そのためには、平日昼間でもパッと行ける時間的な余裕と、予算外でも16Kぐらいならパッと出せる財力がある方が望ましい。

ともあれそういう利用法だと、若いお兄さんや小遣い制のお父さんには、なかなかキビシイかもしれないね。まあ、無理のない範囲で楽しもうよ!

気になる在籍女性

この店にも気になる在籍女性は少なからずいる。過去にプレイして、ぜひリピートしたいという女性はたくさんいるが、残念ながらみんな退店してしまった(-_-;)

入ったことないけど直近で気になるのは、RさんMさんMさんRさんAさん、あたりだねー。

まあ、最近なかなか行けないんで、もたもたしてるうちにいなくなってしまうかもしれんけど。

いずれにせよ、長期に在籍する人となじみになってじっくり付き合う、というよりは、一期一会のつもりで刹那的なクンニを数多くの女性にする、みたいな遊び方になるねー、この店では。

ま、それもひとつ、ありかもしれないね(^_-)-☆

(続く)