私の舐め犬体験(クンニでイク?)

クンニ大好きシュウです。

前回は「私の舐め犬体験(女王様とお呼び)」ってタイトルで、クンニ好きの女性が主役の物語第7話を書いた。

顔面騎乗でクンニされてるうち、女王様モードになっちゃった主人公の「私」。シュウ(オレ!)の乳首をツネツネしながらアソコを顔に押し付ける。いっぱいお仕置きしちゃえー!って感じで顔のうえで遊んでたねー。

今回もその続きだよー。

なになに?「この話いつまで続くんだよ!なげーよっ!」って思ってるの?

スマン!もうちょっと付き合って! 今いいところなんだからさ。

「私の舐め犬体験(第8話)」

顔面騎乗でアソコをたっぷり舐めさせたあと、私はベッドに仰向けに横たわる。

「今度は仰向けで舐めて・・・」

あ、ついつい命令しちゃった! ヤベ、女王様モードがまだ抜けてないや。

シュウさんまで「かしこまりましたー」だって。

ベッドに仰向けに横たわる私の脚の間に、彼が入ってきた。

私の脚を両手で支え、自分の両肩に乗せる彼。そして、股間に顔を寄せ、アソコに柔らかく舌を当てた。

最初と同じような、すごく優しい舌の動きだ。クリトリスから小陰唇にかけて、ゆっくりと舌を這わせ、ソフトなタッチで舐めてくれてる。

ああー、それ気持ちいいよー。

さっきまでうつ伏せとか顔面騎乗でアソコを顔に押し付けて、さんざん舐めてもらったのに、なぜかソフトな舌触りの方が感じる。不思議ー。

ああー、その柔らかいクンニいいわー。クリトリス舐めてるはずなのに、膣の奥がジンワリ感じるのはなんでだろー?

あ、彼の手が伸びてきて私の乳首に・・・。さっき顔面騎乗で乳首責めしたから、そのお返しだなー、きっと。

ああ、乳首コリコリしてもらって気持ちいい。

アソコを舐めながら、両方の乳首を両手でコリコリといじり続けるシュウさん。この3点責めは感じるわー。さすがわかってるね~。

おっ、舌の動きが少し速くなってきた。でも当たりの柔らかさは変わらない。

一定のリズムで一定の強さで、クリトリス全体をずーーっと舐めてくれてる。

その間、私はふんわりとした気持ち良さをずーーっと感じるの。

ああー、これもっと続けて欲しい。やめないでー。

なんだか全身の力が抜けちゃうー。もう動きたくないよー。

アソコの奥底からジワージワーって、とろける快感が押し寄せてくるみたい。

なんだろ?この感覚。気持ち良さが少しずつ少しずつたまっていく感じだ。

ああ、やっぱポイントついたところ舐めてくるな~。そうそこ!まさにそこなのよ!ホント、そこ舐められるの好きーーっ!

ああー、ヤバい。なんか、もう少し舐められると、スゴイのが押し寄せてきそう・・・。

私はなんだか深い谷底に落ちていくような錯覚を覚え、思わずシュウさんの腕をしっかりと握った。

彼は私の腕を軽く握り返して、やさしく撫でてくれる。

その間もクンニをやめない。ソフトな舌の動きがずーーっと続いてる。

ああ、あああー、何かすごい波が、体の中から押し寄せてくる。

熱いウネリみたいなのが、膣の奥底に潜んでる、そんな感覚だ。

そのウネリがアソコの中でうごめいてる。それが動くたびにせつなさを伴う快感が体中を駆け抜ける。なんだかオシッコもらしそうな感じ・・・。

なにこの感覚?こんなの初めてだ。どうやって舐めてるんだろ?知りたーい!

あ、あ、あ、あ、あ、ああ・・・。

もうすぐ来る。気持ち良さの大きな波が押し寄せてきてる・・・。

ああ、イキそうだ・・・。

クンニで初めていけるかも。

ああ、イキそう、もうっちょっとでイケそう。

はああー、舌で舐められてイクなんて、私・・・。ローターとは違う気持ち良さだ。

ああっ!イキそう、イク?イク? 私イクの?

あ、やっぱイクわ。イク、イク。ああイク、イク、イク、イク・・・。

イクイクイクイクーーーー!

あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あああああー!

・・・、イッたみたい。はぁーーーーーーー!

って、あれ? クンニやめないの?

シュウさん、まだ舐めてるよ。しかも、最初と同じで超ソフトな舐め方に戻ってる。

ウソーッ!私のアソコ、超敏感になってるから、感じすぎる!

でも、すごいやさしい舐め方だから、またふわーっとした気持ち良さだねー。

そう、その舐め方がいい。もっと舐めてー。乳首もさわってー。

相変わらず、ソフトでリズミカルなクンニだ。強くないのがいいね。

こうやって同じペースでソフトに舐められてると、ジンワリした気持ち良さが徐々に高まってくる。

それがやがて大きな波に変わる。ああ、また波が来そうだ。

あー、来るよ来るよー。私の中にウネリが現れるよー。それが押し寄せてくる。

膣の奥底にたまった快感が外にふき出てくる感じだ。

ああ、この調子だと、またイッちゃうかも・・・。

はぁーー、気持ちいいよー、気持ち良すぎる!

もおーーっ!シュウさんの舌、家に持って帰りたーい。ローター誰かにあげるからー。

あ・・・、イキそう。

イク、イク、イクーーー!

あ、あ、あ、あ、もうダメ、イッちゃうよー。

イキそう、イキそう、気持ちイイ、イキそうだー。

イク、イク、イク、イク、イク、イク、イク、イクーっ!

ああああーー、イクイクイクイクーっ・・・・・・。

・・・また、イッちゃった。

初めてクンニでイケたよー。しかも2回も!

今、何時だろ?ええーっウソー。もう4時半過ぎてる!

ホテル入ったのが1時過ぎぐらいだから3時間以上クンニされてるってこと?

ひえーー、私が今までの人生でクンニしてもらった総時間数に匹敵するかも?ってそれは言い過ぎか。

でもこんなに長時間舐められたのは初めてだ。

あー気持ち良かった。なんか脚がガクガクしてる~。

今日もぐっすり眠れそうだ。

ありがとうシュウさん。いっぱい舐めてくれて!


以上で、クンニ好き女性「私」のエピソードは終了だ。

女性の視点からの舐め犬クンニ体験はきっとこんな感じだろう、と妄想たくましく書いてみたがいかがだったろうか?

「ちょっと自分(シュウ)のこと良く書きすぎじゃね?」って思われたかもしれんが、まあオレの創作なんで大目に見てくれーい。

女性目線の感想求む!

コメント

  1. 匿名 より:

    もっと読んでいたかったです。
    続編に期待!

  2. cunnilove より:

    シュウです。コメントありがとうございます!
    楽しんでいただけたみたいで良かったです。
    続編ですね~、ちょっと考えてみます(^^)/